• TOP
  • レシピ
  • プロが贈る今月のレシピ VOL.22:定番に飽きたら作りたい変わり鍋

プロが贈る今月のレシピ
VOL.22

定番に飽きたら作りたい変わり鍋

  • レシピを共有

ごぼうのみそキムチ鍋

473Kcal(1人分換算)

60分以上

簡単でほっこり温まるキムチ鍋は冬の食卓の強い味方。また、ダイエットのスタートにもおすすめです。食物繊維が豊富でデトックス効果の高いごぼうは、摂取した糖質や脂質の吸収を抑え、排出を促してくれます。さらに、体内に貯蓄されたエネルギーを唐辛子のカプサイシンが燃焼。あつあつの鍋で身体を温めると新陳代謝もよくなり、ダイエットに効果的です。まずは代謝をよくして老廃物を出してからダイエットを始めましょう。なお、キムチをたくさん入れるので、使うキムチによって味が変わります。甘めのキムチならみりんを控えたりして味を調整してください。

材料(1人分)

  • キムチ100g
  • 豚肉50g
  • しょうが10g
  • 絹ごし豆腐80g
  • ごぼう70g
  • えのきたけ70g
  • 長ねぎ50g
  • にら50g
  • 3カップ
  • 煮干し20g
  • 昆布10g
  • 米みそ大さじ2
  • みりん大さじ1
  • しょうゆ小さじ1

作り方

  1. 水に、頭とはらわたを取った煮干し、昆布を入れて1時間置いておきます。
  2. ごぼうを洗い、皮付きのままささがきにします。素早く3回水洗いをし、表面のあくを取り除きます。水にさらしたままにすると、香りも栄養も逃げてしまうので素早くしましょう。
  3. えのきたけは根元を切り落とし、軽くほぐしておきます。長ねぎは斜め切りに、にらはざく切りにします。豆腐はひと口サイズに切ってください。
  4. 豚肉とキムチ、みじん切りにしたしょうがをフライパンで炒め、豚肉に火を通しておきます。豚肉の臭みが取れ、キムチの風味がよくなるので、そのまま鍋に入れるのではなく、できれば炒めてください。
  5. ①を鍋で中火で約10分加熱して、だしを取り、煮干しと昆布を取り出します。
  6. 炒めたキムチと残りの具、豚肉以外を鍋に並べ、火を通します。
  7. 米みそとみりん、しょうゆをよく混ぜ合わせ、豚肉とともに鍋に回し入れてひと煮立ちさせます。

一覧へ戻る

ページの先頭へ