• TOP
  • レシピ
  • プロが贈る今月のレシピ VOL.21:【特別企画】いつでも使える!簡単おせち料理(3品)

プロが贈る今月のレシピ
VOL.21

【特別企画】いつでも使える!簡単おせち料理(3品)

  • レシピを共有

さわらの西京漬け

167Kcal(1人分換算)

60分以上

忙しい年末年始にさっと作れて、普段のおもてなしにも活用できるメニューをご紹介します。まず1品目は、さわらの西京漬け。みそにさわらを漬け込むことで、みその栄養も摂取できます。みそに含まれる大豆イソフラボンは美白効果が期待でき、さわらと一緒にとることでその効果も上がります。また、カロリーが控えめなのもうれしいところ。

材料(4人分)

  • さわら(切り身)4切れ
  • 少々
  • 白みそ125g
  • みりん大さじ1・1/2
  • 大さじ1・1/2

作り方

  1. 白みそとみりん、酒を保存袋に入れ、よく混ぜます。
  2. さわらに軽く塩をふり、15分以上置いておきます。水分が出てきたらよくふき取り、混ぜたみその保存袋に入れ、空気をよく抜いて冷蔵庫で2日以上寝かせます。
    ※みそを塗ってすぐ焼いて食べても美味しいですが、西京漬け独特の食感や風味を楽しむには2日以上寝かせて、よく味を染み込ませましょう。2~7日までは冷蔵庫で漬け込むことができます。2日以降に冷凍すれば、約1カ月置いておくこともできます。
  3. 保存袋から取り出し、さっと洗ってすぐに水分をよくふき取り、弱火のグリルで5分じっくり焼きます。骨付きの場合は8分。強火ではすぐに焦げてしまうので注意してください。また、みそが付いたままではくさみが残り、焦げやすくなります。みそはきれいに取り除いてから焼きましょう。

サーモンとかぶの生春巻き

178Kcal(1人分換算)

20~30

鮭は良質なたんぱく質と脂質が主成分。脳の細胞を活性化するDHAや血液をサラサラにするIPAが多く含まれ、生活習慣病の予防に役立つことでも有名です。また、ビタミンB6がたんぱく質や脂肪の代謝を助け、他の栄養素の吸収を促進してくれます。サーモンとラディッシュ、かぶの紅白の色合わせが美しく、オードブルやおせちの一品としても華やかでおすすめです。

材料(2人分)

  • 生春巻きの皮4枚
  • サーモン(生食用)4切れ(120g)
  • かぶ(薄切り)8枚
  • レタス30g
  • ラディッシュ2個
  • 少々
  • こしょう少々
  •  
  •  
  • (A)
  • ・酢大さじ1
  • ・砂糖大さじ1/2
  • ・塩少々
  • (コチュジャンソース)
  • ・コチュジャン大さじ1/2
  • ・酢小さじ1
  • ・しょうゆ小さじ1/2
  • ・砂糖小さじ1/2

作り方

  1. サーモンは棒状に切り、塩、こしょうをし、金串に刺して表面だけあぶります。
  2. 皮をむき、薄くスライスしたかぶは、塩をふってしんなりさせます。しんなりすれば水洗いし、(A)に漬けます。
  3. レタスは千切りにし、冷水にさらして、よく水気を切ります。
  4. ラディッシュは薄くスライスし、塩をふってしんなりさせます。しんなりすれば水洗いします。
  5. 生春巻きの皮を水につけて戻し、水気をふき取ります。
  6. ⑤の上に水気を切った②のかぶを2枚並べ、③のレタスを敷き、①のサーモン1切れを芯にして巻きます。途中④のラディッシュを表面になるように並べます。これをあと3本作ります。
  7. 食べやすい大きさに切り、混ぜ合わせたコチュジャンソースを添えます。

たたきごぼうのナッツ和え

67Kcal(1人分換算)

10~20

たたきごぼうは、関西では田作り(ごまめ)の代わりに作られる祝い肴のひとつ。「細く長く幸せに」と地中にしっかりと根を張るごぼうは、縁起の良い食材として使われます。ごまを和えることが多いですが、今回は香ばしくコクのあるカシューナッツを合わせました。ナッツ類に多く含まれるビタミンEには、血行を促進する働きがあり、冷え性予防にも効果的。身体を温める作用のあるごぼうと一緒にとれば、寒い冬にもぴったりなメニューです。

材料(2人分)

  • ごぼう35g
  • カシューナッツ15g
  • (A)
  • ・米酢大さじ1/2
  • ・しょうゆ小さじ1
  • ・砂糖大さじ1/2
  • ・だし汁大さじ1/2

作り方

  1. ごぼうは土を洗い落とし、縦半分(太いものは4つ割り)に切り、酢水(分量外)にさらします。熱湯でゆでて丘上げし、熱いうちにぬれふきんに包んで、すりこ木などで軽くたたき、5cmの長さに切ります。
  2. カシューナッツは温めたガス高速オーブンでローストします(160℃ 約8分)。カシューナッツは(A)とともにフードプロセッサーに入れてペースト状にします。フードプロセッサーがない場合はすり鉢ですりましょう。
  3. ①を②で和え、器に盛り付けます。

一覧へ戻る

ページの先頭へ