• TOP
  • 休日散歩
  • 素敵な街に出逢う VOL.06: お気に入りのインテリアを探し、都会の真ん中でのんびり憩う。

素敵な街に出逢う
VOL.06

お気に入りのインテリアを探し、都会の真ん中でのんびり憩う。

トレンドが集い、感性豊かな街「堀江」へ

大阪・堀江で、お気に入りのインテリアや雑貨を探してみませんか。暮らしに彩りを添えてくれる家具や雑貨が豊富にそろい、居心地のよいカフェも充実しています。ショップ巡りに疲れたら、公園の木陰でひと休み。夕方にはさわやかな風が吹くリバーサイドを歩くのもおすすめです。梅田、心斎橋、難波とは違った、潤いが感じられ、都心でありながら、ゆったりとした散歩が楽しめるのも堀江の魅力。この街を散歩すれば、スタイリッシュな木造建築に出逢ったり、意外な歴史にふれたり、いろいろな発見も待っています。

道頓堀川と南堀江の街並み

「堀江」はどんな街?

心斎橋や難波から歩いて行ける利便性のよさが大きな魅力。地下鉄四つ橋線・御堂筋線・長堀鶴見緑地線・千日前線の4路線4駅が利用でき、大阪市内各所へ自在にアクセスできます。また、堀江の街を横断する「オレンジストリート」を中心に、インテリアやアパレルのショップ、カフェが点在し、トレンドが集うエリアとして知られています。お洒落なお店だけでなく、周辺にはスーパーや銀行、総合病院、図書館などがそろい、まさに“暮らす都心”といえます。

堀江のシンボル「オレンジストリート」

  • お気に入りのインテリアを
  • 都会の真ん中でのんびりと

オーダーメイド家具の新ブランド「BRIDGE WORKS」
オレンジストリートを四つ橋筋から西へ歩くと、なにわ筋の少し手前に「BRIDGE WORKS」があります。デザインから生産までを一貫して手がけるオリジナル家具の新ブランドで、デザインや材質、サイズ、色まで、すべてカスタマイズ可能なオーダーメイド家具が魅力です。日本に息づく価値ある素材や熟練職人の技を再発見し、日本人の暮らしに寄り添う家具や雑貨の提案を追求しています。

1955年創立の大和家具による新ブランド「BRIDGE WORKS」のショールームが2017年4月にオープン。空間のコーディネートまでトータルに提案しています

家具はすべて国内工場で生産し、こだわりの素材と製法で熟練職人が一つ一つ手作り。サイズは1㎝単位、生地も数百種からオーダーできます

同じ敷地内には姉妹店の人気インテリアショップ「cubic style」も。カフェスタイルの家具を中心に、多彩な家具やお洒落な雑貨がそろいます

世界のユニークな雑貨が集合
「SHOP DETAIL OSAKA」

続いて立ち寄りたいのが、オレンジストリートとなにわ筋の交差点近くにある「SHOP DETAIL OSAKA」。文具やキッチン雑貨をはじめ、日々の生活にスパイスを加えてくれる、ユニークで楽しいインポート雑貨が並びます。N.Y.のキッカーランド社の日本正規総代理店でもあり、世界的に人気を集める同社のポップで面白いアイテムが充実。プロジェクションクロックや照明、おもちゃなど、オリジナル商品にも注目です。

アメリカやイギリス、スペイン、ネパールなどからのインポートやオリジナルなど、ユニークな商品が並びます

カラフルな商品がいっぱい。ミラーやフレームも充実し、アンティーク加工を施した「ジオメトリーウォールハンギングミラー」は、今注目の商品です

オリジナル商品の「プロジェクションクロック“ローマン”」。壁に映し出された時計で時刻がわかり、間接照明にもなるという斬新なアイテム

デザイン性の高い家具や雑貨が充実「scale(スケール)」
なにわ筋を越え、オレンジストリートをさらに西へ歩き、人気のインテリアショップ「scale」へ。IDÉEやSIEVEのアイテムを中心に、デザイン性の高い、上質で長く使える家具に出会えます。天童木工やハーマンミラーなどのデザイナーズ家具もそろい、2階にはイームズなど世界の名作チェアを展示。イッタラやアラビアなどの食器のほか、生活シーンを楽しく彩るポップでカラフルな雑貨も数多く並びます。

お店のある界隈は静かで落ち着いた佇まい。ゆっくりと家具や雑貨選びができるのが魅力です

「scale=ものさし」という店名には、流行に左右されず、自分の価値観で物を選んでほしいというオーナーの思いが。クールな家具や雑貨は男性にも人気

ともにオリジナル商品のソファとシートクッション。イタリア製コットン100%のシートクッションは、さらっとした感触で夏におすすめ

アパレルショップがプロデュース「LIFE’s COFFEE STAND 堀江店」
ショップ巡りの途中、ランチやお茶を楽しむなら、アパレルショップ「LIFE’s」がプロデュースするカフェ「LIFE’s COFFEE STAND」へ。L.A.スタイルのインテリアが素敵な空間で、ゆったりと時間が過ごせます。コーヒーはエスプレッソマシーンで一杯ずつ、豆から挽いて淹れる本格派。フォトジェニックだと評判の「デリプレートセット」や、季節限定の味が楽しめる「シーズンフレーバードリンク」など、女性好みのメニューが多彩にそろいます。

ナチュラルで都会的なレディースファッションやライフスタイルを提案する「LIFE’s」の2階に、「LIFE’s COFFEE STAND」があります

広々とした空間に、L.A.から取り寄せたビンテージ調のテーブルや椅子が並び、居心地のよい雰囲気を創り出す店内

メインに2種のデリ、サラダ、バゲット、スープにドリンクが楽しめる「デリプレートセット」。内容は2ヶ月ごとに替わります

BRIDGE WORKS
大阪市西区南堀江1-24-7 TEL.06-6531-8806
[時]11:00~20:00 [休]不定休
[料]ソファ200,000円~、ダイニングテーブル180,000円~ 公式サイト

SHOP DETAIL OSAKA
大阪市西区南堀江1-24-17 TEL.06-6539-8161
[時]11:00~20:00 [休]無休(年末年始のみ休)
[料]プロジェクションクロック“ローマン”8,640円、ジオメトリーウォールハンギングミラー“01-L”4,860円 公式サイト

scale
大阪市西区南堀江3-9-9 TEL.06-6536-1178
[時]10:00~19:00 [休]水曜
[料]オリジナルシートクッション2,685円、ダイニングテーブル68,000円~(いずれも税別)

LIFE’s COFFEE STAND堀江店
大阪市西区北堀江2-17-2 EASE 2F TEL.06-6537-7155
[時]月曜~土曜11:00~20:00、日曜・祝日10:00~19:00 [休]第3水曜
[料]デリプレートセット1,350円、シーズンフレーバードリンク各650円 公式サイト

堀江界隈は公園が豊富。
歩き疲れたら木陰でひと休み

お洒落なお店がそこかしこに並ぶ堀江ですが、梅田や難波などの都心部と比べると、人や車が少なく、落ち着いた雰囲気。この街を歩いてみると公園をよく見かけ、緑が多いこともわかります。堀江界隈には、堀江公園や南堀江公園、高台橋公園、阿弥陀池公園などが点在。散歩に疲れたら、木陰で自然の風にあたりながらひと休みしてみてはいかがでしょう。

さまざまなショップが並ぶオレンジストリート。辺りは、お洒落で落ち着いた街並みが広がっています

広々とした敷地に遊具がそろう堀江公園。子連れの人も多く、都心のオアシス的な存在

堀江中学校の東隣にある南堀江公園。木々が生い茂り、春には満開の桜で彩られます

リバーサイドを散歩し、都心の夜景を愉しんで
堀江の南側には道頓堀川が流れ、川沿いには遊歩道「とんぼりリバーウォーク」やレストランモール「キャナルテラス堀江」があります。開放感あふれるリバーサイドで食事を楽しんだり、暑さが和らぐ夕方や夜に遊歩道を散歩してみるのもおすすめです。さらに、道頓堀川を渡れば「湊町リバープレイス」があり、地下鉄「なんば」駅の出入口も。堀江と難波の近さに思わず驚いてしまいます。

水辺のさわやかな景色が広がる道頓堀川沿い

夜になると表情が変わり、美しい夜景が楽しめます

南堀江四丁目で見つけた、国内初の耐火木造オフィスビル
オレンジストリートを西へ向かい、新なにわ筋を越えて南堀江四丁目へ。この一角にある洗練された木造の建築物「大阪木材仲買会館」は、国内初となる耐火木造のオフィスビルとして2013年3月に竣工しました。木材のプロフェッショナルが集うオフィスらしく、木をふんだんに用いた建物外観は、自然の温かみが感じられ、モダンな雰囲気。まるで建物自体が木材のショールームのようで、さまざまな角度から眺めてみたくなります。

地上3階建ての建物内はオフィスや展示スペースなどがあり、事前に予約をすれば建物内も見学可能

シャープな佇まいが印象的な「大阪木材仲買会館」は、2013年度グッドデザイン賞を受賞

かつて娯楽の街だった堀江は
「大坂相撲」発祥の地

元禄11年(1698)に堀江新地が開発され、開削された堀江川の北側が北堀江、南側が南堀江といわれるようになりました。徳川幕府の優遇措置などによって、北堀江では浄瑠璃が行われ、さまざまな産業が起こり、文化人や学者も輩出。また、現在の南堀江公園付近では、大阪で最初の勧進相撲が興行されたといわれ、やがて難波新地と交互に行われるようになりました。

南堀江公園の西側にある「勧進相撲興行の地」の碑

堀江公園
大阪市西区南堀江1-13

南堀江公園
大阪市西区南堀江2-8

大阪木材仲買会館
大阪市西区南堀江4-18-10 TEL.06-6538-2351
内部見学は事前予約が必要(開館時間:9時~17時 休館日:土日祝・夏期・年末年始) 公式サイト

一覧へ戻る

ページの先頭へ